酸洗いのデメリット

酸洗いの効果について

金属を溶接加工する際には、表面に酸化被膜が発生します。これはスケールと呼ばれるもので、ロウ付けなど熱処理によって起こる現象です。金属表面にスケールがあると、メッキの密着不良のもとになります。また、研磨作業の効率が悪くなるので、製品としての品質に影響します。そのため金属表面を加工する前には、素材を硫酸や塩酸などに浸け込み、スケールやサビなどを洗い落とす必要があります。この作業は酸洗いと呼ばれるもので、溶接焼けなども除去する効果があります。一方ステンレスの素材では、切断や熱によって不動態皮膜がダメージを受けます。不動態皮膜は酸化腐食を防ぐ、大事な酸化被膜となります。そして酸洗は、この酸化被膜を再形成することが出来ます。

酸洗いの問題点と対策

酸洗は金属の表面加工に不可欠ですが、塩酸や硫酸といった危険性の高い薬剤になるのがデメリットです。このような薬剤を取り扱うには、専用の保管庫を設けるなど、安全対策を徹底しなければなりません。また、金属の種類や製品によっても、酸の種類や濃度などが異なります。それ故、取扱には十分な知識と経験を要すると言えます。実際の酸洗いの作業では、有毒ガスが発生することもあるので、体調管理にも気を配る必要があります。さらに、仕上がりにおいてトラブルが発生しないよう、チェックを怠らないことも重要です。加えて、酸洗いに用いた薬剤は、そのまま一般下水に流すことはできません。専用の施設を設けて、安全に処理する必要があります。

塗装剥離は放置すると雨漏りに繋がるため早急に解決する必要があります。そのためには塗装専門店に相談すると良いでしょう。