酸洗いのメリット

酸洗いの役割とは何か

酸洗いとはその名の通り、金属を塩酸や硫酸などを使って洗浄する処理で、金属製品にメッキ加工をする際には必ず行っています。特に熱処理や溶接を行った金属製品は腐食しやすいため、欠かせない工程です。 酸洗いは素材の表面に付着しているスケール(酸化被膜)や錆などを除去するために行っているのですが、これを怠ると錆が製品不良の原因になります。またチタンの場合は、酸洗いをして酸化被膜層を除去しなければ、たとえバレル研磨をしたとしても、表面の光沢を出す事はできません。そもそも酸洗いは、研磨や鍍金、コーティングの役割も担っています。中には酸洗いを施した後に水洗浄を行っただけで、そのまま完成品にしてしまう製品すらあります。

酸洗いの様々な活用法

酸洗いは、酸洗い後の加工作業を簡素化する役目も持っています。素材の表面を酸洗いで綺麗にした分だけ、研磨作業の手間はかからなくなります。酸の混合率を間違えれば金属製品を溶かしてしまうくらい強力なので、正確な調合と職人の確かな腕前さえあれば、表面の洗浄力は非常に高いです。高度な技術さえ習得すればミクロン単位での寸法を最終調整する事の可能で、精密部品にも応用されています。

また酸洗いは素人ではこなす事ができませんが、工程そのものは酸性の液体につけるだけなので、製品の大量生産の相性が抜群です。酸洗いは設備の構造も単純で比較的安価で済みます。

また酸洗いは液体だからこそ、人の目が届かない所にも液体が侵入できる強みがあります。複雑な精密機械にも均一に洗浄する事ができ、まんべんなく仕上げ加工を施す事ができます。

酸洗は、金属製品を酸性溶液に漬け込むことを指します。表面についた酸化物などの汚れを除去したりする洗浄方法です。