金属表面を洗浄するための酸洗い

金属加工の定番!?酸洗いとは

酸洗いとは酸性の溶液に金属製品を浸すことで汚れや油を取り除く洗浄方法です。金属加工によって付いてしまう油汚れや、溶接によってつく黒い被膜などの汚れをきれいに除去できるため見た目が良くなり、ステンレス、チタン、アルミニウムなどの非鉄金属製品の場合はこの酸洗いが最終工程となる場合も多くあります。また塗装を施す物の場合においても塗料が定着しやすくなる効果を見込んで行われたり、油などを取り除いて滑りにくくするので切削作業やショット加工を行う場合の下準備としても有効に働きます。特別な設備などが必要なく、溶液に浸すだけという点でもコストがあまりかからず行えるので金属加工を行う場において、高い確率で行われている作業になります。

洗浄を酸洗いで行う際のメリットと注意点

酸洗いはコストがあまりかからず単純な工程で行えるのに加え、研磨作業と違って過度な力が加わらないので繊細な細工品なども形を崩さずに洗浄することが出来ます。またステンレスに含まれるクロムは酸素と反応することで不動態皮膜という錆を防ぐための膜を形成しますが、汚れや油などが付いているとこれが上手く形成できません。酸洗いを行うことで汚れの一切を取り除き、ステンレス全体に均一な不動態皮膜を形成するためにも、ステンレス製品の加工工程として酸洗いは外すことができない物となっています。しかし注意点もあり、酸洗いを行った後に酸性の溶液が落としきれずに製品の隙間などに残ってしまっていた場合、後々で染み出して空気と反応し、赤茶色の汚れになって変色を招くケースがあります。